株主・投資家のみなさまへ

トップメッセージ

株主および投資家の皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

2016年5月、当社は創業35周年を迎えます。当社が創業した1981年は世界初のパーソナルコンピュータが発売された年で、デジタル技術やコンピュータがもたらす可能性に注目が集まっていました。当社では、デジタル技術であらゆる産業に変革がもたらされると確信し、人間が手作業で行っていた仕事をデジタル化、自動化できる「世界初」「業界初」の製品を次々と投入することで新たな市場を切り拓いてまいりました。さらに、海外のグループ会社を通じて、世界200以上の国と地域のお客様に製品と世界均質のサービスを提供できる、グローバルなビジネスを展開してまいりました。

そして近年、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、第4次産業革命とも言われるインダストリー4.0への取り組みなど、ヒトやモノ、データをネットワークで繋げる新しいデジタル時代を迎えようとしています。新しいデジタル技術の活用により市場を開拓していくという環境は、創業当時と同じですが、持続的成長に向けては事業構造、ビジネスモデルの転換に取り組む必要があり、当社にとってはイノベーションによる変革を起こす時だと捉えています。このたび、2016年度を初年度とする5ヶ年の新中期経営計画(※)を策定し、「イノベーションによる持続的成長」を基本方針として、「成長分野の事業化の加速」「ソリューションプロバイダへの転身」「イノベーション集団への転身」の3つの課題に取り組んでまいります。それにより、時代の変化に適合したソリューションを提供できる企業に転身し、ビジネスモデルの転換を果たします。そして、イノベーションへの挑戦を通じて、今後の変化にも柔軟に対応し、持続的成長を目指してまいります。

当社グループの今後にご期待いただき、より一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

(※)
中期経営計画(2016年度~2020年度)の取り組み (PDF: 256KB)

2015年12月期 決算説明会資料 (PDF: 1.99MB)

取締役会長
冨岡 昌弘

取締役社長
藤岡 秀則

おすすめコンテンツ