事業等のリスク

有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下の通りであります。
なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
また、重要事象などは存在しておりません。

競争環境について

  • 当社グループの事業領域であるデジタル機器の分野は、デジタル技術やネットワークの発展とともに市場規模が拡大する半面、大手企業や新興国メーカーの参入による製品価格の下落、ライフサイクルの短縮化がみられます。当社グループではソリューションでの顧客価値創造を目指しておりますが、厳しい競争環境下では、売上高の減少、研究開発費や販売促進費の増大による収益の悪化など、業績に影響が出る可能性があります。

新規事業開発について

  • 当社グループでは、社会変化に対応した柔軟な事業構造の転換による持続的成長を目指し、新規事業開発に向けた市場調査や研究開発活動および投資を継続して行っております。2021年度から3か年の中期経営計画においては、事業ポートフォリオの転換を図るべく新規事業を創造していく方針です。しかし、新規事業においては不確実な要素が多く、想定を超える市場環境変化や市場ニーズの読み違い、研究開発の遅延、有力な代替技術の出現、各新規事業におけるパートナー企業との協業が期待するシナジーを生まないなど、さまざまな要素によって新規事業の確立が困難となり、投資の回収が遅れる、または回収できない可能性があります。

為替変動が業績に与える影響について

  • 連結売上高に占める海外売上高の比率は9割程度となっており、当社グループの業績は、為替変動の影響を受けます。
    なお、これまでの日本国内工場とタイ工場の二拠点生産体制から2021年度中には国内工場の都田事業所からタイ工場へと量産機能を移管することに合わせて部品の海外調達比率を高め、より一層の為替リスクの低減を図ってまいります。

経営資源の集中について

  • 特定の仕入先に対する依存度について

    当社の製品を生産する上で、調達する材料などのうち、特定の仕入先に依存するものがあります。何らかの理由でこれらの材料などの調達が困難になった場合、当社の製品の生産に影響を及ぼす可能性があります。

  • 生産拠点の集中について

    当社では、浜松市にある都田事業所での生産とタイ工場の二拠点生産体制から、2021年度中にはタイ工場へ量産機能を移管いたします。一方で、都田事業所においても試作品や極少量生産、立ち上げ時のパイロット生産などは継続する予定であり、タイで災害や政情不安などによる操業停止となった場合でも緊急時の生産対応ができる体制を維持してまいります。また、部品調達面においても、国内での調達に加えてタイ工場を拠点とした海外部品調達により、リスクの分散を図ってまいります。

海外事業展開にともなうリスク

  • 当社グループは米国、欧州を中心に海外事業を展開しております。そのため、法的規制等の変更や予測できない規制が設けられた場合には、当社の事業活動が制限される可能性があります。また、税務面においても、移転価格税制などに関し、法令などの解釈の相違によっては、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。

法的規制・訴訟に関するリスク

  • 当社グループは、国内外において事業を遂行する上で、内部統制システムおよびリスク管理体制を構築し、各種法令を遵守するよう努めております。しかしながら、当社グループの事業活動が理由のいかんに関わらず、結果として法令違反と判断されたり、製造物責任や知的財産などの問題で訴訟を提起される可能性があります。その動向および結果によっては、当社グループのブランドイメージ、業績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
    なお、当社の連結子会社Roland DG Brasil Ltd.(以下DBR社)は、当社インクジェットプリンター製品の輸入および販売に関連して、ブラジル国の税務当局から調査を受け、同製品について関税などの追徴課税通知を受け取っております。DBR社は当局からの指摘内容についてこれを不服とし、正当性を主張すべく2018年9月、2018年11月にそれぞれ不服申し立てを行っております。

災害の発生にともなうリスク

  • 当社グループは国内外で生産、販売活動を展開しておりますが、当該地域にて地震、洪水、台風、火災、戦争、感染症などが発生し、当社グループや取引先企業が被害を受けた場合、事業活動に支障をきたし業績および財務状況に影響を与える可能性があります。

情報管理に関するリスク

  • 当社グループは「情報管理規程/グローバル情報セキュリティポリシー」を制定し、情報流出の防止や外部からのシステム侵入への対応に努めております。しかしながら、予期せぬ事態による情報システムの停止や情報流出等が発生した場合、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するリスクについて

  • 全世界へ急速に拡大した新型コロナウイルス感染症は、グローバルに事業展開する当社グループの事業活動に大きく影響しております。当社グループが事業展開している国や地域において、感染拡大防止のためのロックダウンや経済活動への規制等の政策が実施された場合、事業活動に支障が生じ、業績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
    当社グループでは、2020年2月よりCOVID-19対策本部を設置し、お客様および従業員の健康や安全面を第一に考慮した安全衛生管理の徹底による感染防止対策を実施しております。一方、確実な事業継続に向けて、テレワークや時差出勤、フレックスタイムなどの導入による柔軟な働き方の導入、積極的なオンラインイベントの開催、Webサイト・SNSの活用によるお客様との接点拡大など、ウィズ・コロナやアフター・コロナまで見据えた新しい事業活動のあり方に繋がる取り組みを強化してまいります。