ダイバーシティ

当社は、社員がいきいきと働き、その能力を最大限発揮できる環境をつくることが、イノベーションの誘発や新たな付加価値の創造につながると考えます。そのため「多様性を生かした強い組織づくり」を人事戦略の柱の一つとし、目下のところ、以下の「障がい者活用」「女性活躍推進」に関する取り組みに注力しています。

障がい者雇用

障がい者雇用・職場定着の促進に取り組んでいます。現在十数名の障がいのある従業員がさまざまな職場で活躍しています。一人一人の障がいの種類や特性によって適切な配慮を行うことで、障がいの有無関係なく社員一人一人が個性を尊重し合い、いきいきと働くことができる企業風土の醸成に努めています。

女性活躍の状況

当社では、さまざまな職場で女性社員が活躍しており、中でも製品の組み立てオペレーターはほとんど女性社員です。そんな女性社員を支えるため、各種制度を充実させています。その一例である産休・育休制度では、お子様を出産された女性社員のほとんどがこの制度を利用しており、育休が終了した後は職場に復帰しています。また職場復帰後も育児と仕事を両立するために、勤務時間を短縮して仕事をすることができるため、無理なく仕事に取り組める環境となっています。このように、女性の特長を生かし、また子育てとの両立をサポートするための制度を整えることで、優秀な人材の確保に努めています。

こういった就業環境、女性活躍に関する取り組みが認められ、当社は2017年1月、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」の3段階目(最高位)の認定を受けました。最高位の取得は静岡県内で3社目、県内製造業としては初となります。

えるぼしは、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(通称:女性活躍推進法)」に基づく行動計画の策定・届出を行った企業が、都道府県労働局への申請を行い、一定の基準を満たした場合に厚生労働大臣から認定を受けられるものです。評価項目を満たす数に応じて3段階に分かれており、当社は、「採用」、「継続就業」、「労働時間等の働き方」、「管理職比率」、「多様なキャリアコース」の5項目すべてにおいて基準を満たしております。

一覧へ戻る