企業ニュース

2018年07月10日

ローランド ディー.ジー.株式会社

フランスで開催される「第14回 世界ファブラボ代表者会議(FAB14)」に協賛

業務用インクジェットプリンターやデジタルものづくりツールを製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社は、7月16日から22日までの7日間、フランスのトゥールーズで開催される「第14回 世界ファブラボ代表者会議(以下FAB14:ファブフォーティーン)」に協賛しますのでお知らせいたします。

FAB14

「ファブラボ」は、様々なデジタル工作機器を取り揃えた市民工房です。「MAKE(作る)」「LEARN(学ぶ)」「SHARE(分かち合う)」のコンセプトのもと、個人の自由なアイデアに基づくものづくりを支援するとともに、世界各地のファブラボ間のネットワーク化により、知恵やノウハウを共有し、国境を越えて協働するグローバルなものづくりコミュニティを形成しています。世界ファブラボ代表者会議は年に一度、世界中のファブラボ関係者が一堂に会する場です。14回目を迎えるFAB14では、世界1,200ヶ所以上のファブラボから関係者が集い、デジタルものづくりなどに関するシンポジウムや特定の課題解決に協力して取り組むワークショップ、各ファブラボの成功事例や取り組みの紹介など多様な活動が行われます。

当社は30年以上に亘りデジタル技術を活用したものづくりの普及に務めており、「コンパクト」「使いやすさ」「導入しやすい価格」という価値を提供する当社のデジタルツールは、人々のイメージやアイデアをカタチにするツールとして活用されてきました。そして当社は、ファブラボが掲げる「デジタル技術を活用したものづくりの可能性を広めることで、人々の創造性を解放し、新たな価値を実現していく」という理念に共感し、2013年より世界ファブラボ代表者会議に協賛しています。

近年、人々のインスピレーションを刺激することで、新たなイノベーションを生み出す土壌を作りたいというニーズが世界的に高まっており、ものづくりを通じてそれを実現しようとするファブラボの理念に注目が集まっています。このような背景のもと、FAB14では、フランスの当社グループ会社Roland DG France SASが、UV-LEDプリンター「VersaUV(バーサユーブイ)LEF-200」、インクジェットプリンター「VersaSTUDIO(バーサスタジオ)BN-20」、メタルプリンター「METAZA(メタザ)MPX-95」、半導体レーザー箔転写機「LD-80」などの製品を使ったワークショップを開催します。このワークショップでは、来場者がそれぞれ好きなアイテムを持ち込み、それらをより独創的なものにアレンジするためのアイデアを自由に発想し、その場でスタッフとディスカッションしながら、当社製品を使ってクリエイティブな作品を創り上げます。

Roland DG France SASの社長Gregory Bilsenは、「当社は長年、ファブラボの推奨機器に採用されている3次元切削加工機やカッティングマシンなどを通じて、世界中のファブラボの活動を支えてきました。そしてFAB14では、当社の多彩なデジタル技術を使って、想像力あふれるアイデアを手軽に実現できることをご紹介したいと思います。来場された皆様に、自分らしいアイデアをカタチにする楽しさや感動を体感いただきたいと思います」と述べています。

ファブラボについて
米国マサチューセッツ工科大学のニール・ガーシェンフェルド教授が提唱した、デジタルからアナログまでの様々な工作機器を取り揃えた市民工房です。現在、世界100ヶ国以上に1,200ヶ所を超すファブラボ拠点があります。

「第14回 世界ファブラボ代表者会議(FAB14)」Webサイト(英語): http://www.fab14.org/

本情報のお問い合わせ
ローランド ディー.ジー.株式会社
グローバルマーケティングユニット 担当:椋木
〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4  TEL:053-484-1201 / FAX:053-484-1216
E-Mail:rdg-globalpr@rolanddg.co.jp

一覧へ戻る