製品ニュース

2021年04月27日

ローランド ディー.ジー.株式会社

創造の可能性を大きく広げるコネクテッドサービス「Roland DG Connect」始動

Roland DG Connect

業務用インクジェットプリンターを製造・販売するローランド ディー.ジー.株式会社は、新開発のクラウドベースのコネクテッドサービス「Roland DG Connect(ローランドディージー・コネクト)」を発表いたします。

近年、いつでもどこでもインターネットにつながる環境が整備されたことや、IoT(モノのインターネット)技術の進化、またAI(人工知能)技術の急速な発展などを背景に、人々のコミュニケーションや価値観は多様化し、ビジネスの在り方や働き方、ライフスタイルは大きく変化しています。

当社は、こうした時流に合わせ、インターネット上でさまざまな人々やモノと“つながる”ことで、お客様の創造の可能性を大きく広げるコネクテッドサービスRoland DG Connectを新たに開発。「より快適で安定した稼働状況を実現するサービス」をはじめ、「仕事の効率性を向上させるサービス」や、「ビジネスの発展や収益力の強化に大きく貢献するサービス」、さらには、「さまざまなスキルや個性を持った人々がアイデアを共有しながら協業するためのサービス」などを提供していくことで、新たな価値やビジネスの共創を目指します。

今回はその第一弾として、「より快適で安定した稼働状況を実現するサービス」と「仕事の効率性を向上させるサービス」の提供を開始します。対象製品のユーザー様はRoland DG Connectにご登録いただくことで、当社とインタラクティブな情報共有が可能になります。例えば、万が一エラーが発生した時も、共有された製品の稼働状態や履歴などの情報をもとに的確な修理が行えるため、お客様のダウンタイムの削減に貢献します。
また、製品の安定稼働に大きな影響を与えるプリントヘッドをはじめとする主要部品の“ヘルスチェック機能”も搭載。計画的なメンテナンスが行えるようになるため、製品を常に良好な状態に保ちます。さらに、稼働状況を分かりやすく可視化した“ダッシュボード機能”により、製品の稼働率の向上と、効率的な事業運営を支援します。

DP事業部 副事業部長の繁野谷 隆文は、「当社は創業以来、パートナー企業との連携を通して、お客様のクリエイティブな活動を支援してまいりました。Roland DG Connectは、当社とユーザーだけでなく、販売店、サプライヤー、デザイナー、学生などさまざまな人たちがインタラクティブに“つながる”ことで、今までにない価値やユニークな表現力、新しいビジネスを生み出す可能性を秘めています。今後も、随時新たな機能やサービスを拡張していくことで、より魅力的な創造のサイクルをお客様と共に創り出していきたいと考えています」と述べています。

なお、Roland DG Connectは、2021年4月27日より、日本、米国、英国の3か国で提供を開始します。その他の国に関しては、7月以降順次、提供開始予定です。Roland DG Connectの機能の詳細は、Roland DG Connect Webページをご覧ください。

Roland DG Connect

主な仕様

サービス名 Roland DG Connect(ローランドディージー・コネクト)
対応機種 TrueVIS VG2-640/540、TrueVIS SG2-640/540/300
TrueVIS VF2-640
TrueVIS VG-640/540、TrueVIS SG-540/300
※最新ファームウェアへの更新が必要となります
※対応機種は順次拡大予定
対応ブラウザ Apple Safari/Google Chrome/Microsoft Edge Chromiumベース
対応モバイルアプリケーション iOS/Android
サービス開始日 2021年4月27日(火)
対応言語 日本語/英語
※7月以降順次、多言語に対応予定
報道関係の方のお問い合わせ先
ローランド ディー.ジー.株式会社
広報CSRユニット
〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4  TEL:053-424-6055
E-Mail:rdg-ir@rolanddg.co.jp
お客様のお問い合わせ先
ローランド ディー.ジー.株式会社
コールセンター
〒431-2103 静岡県浜松市北区新都田1-6-4  TEL:0120-808-232
E-Mail:rdg-info@rolanddg.co.jp

一覧へ戻る