NEW GRADUATE 05

入社2年目で挑んだ要素開発。
技術者として大きな成長を実感

2018年入社|開発1部
服部 理沙

Roland DGを選んだ理由

子どものころ、ジェットコースターが保存則で動いているのを知って、物理学の世界へ。そこから、モノを動かす機械への興味が高まっていきました。就活の軸は、「メーカーでものづくりをしたい」。実家から遠くない地域で勤務できるメーカーを探す中、大学内の合同企業説明会で出会ったのが、ローランド ディー.ジー.でした。当社の最初の印象は、合同企業説明会で見た、UVプリンターで印刷したスマホケースの色鮮やかさです。就活当初は、自分が欲しい、好きと思えるものづくりがしたくて文房具メーカーなどを訪ねていたのですが、「ものづくりの可能性をつくる」という新たな視点に出会い、プリンターの魅力に惹かれるようになっていきました。

RDGを選んだ理由RDGを選んだ理由

現在の仕事内容

入社してからずっと、インクシステムの設計や評価、検証に携わっています。インクシステムはプリンターの中枢部分で、インクカートリッジやカートリッジホルダー、インクをプリンターヘッドに導く流路や、ヘッドをクリーンに保つためのキャップやワイパーなど、一連の機構を指します。私はインクの圧力を一定に保つ「ダンパー」と呼ぶ部品の製品設計を担当し、要求された性能を発揮できるよう、要素研究から設計、試作を行い、さらに評価・検証を経て、製品化につなげています。当社のお客様が感じている、こんなものが欲しい、この機能があったらなという声に耳を傾けて、共感してもらえるようなものづくりを継続していきたいと思っています。

現在の仕事内容現在の仕事内容
  • ものづくりの喜びを感じる瞬間

    入社2年目にして任せてもらったインクシステム機能の要素開発は、この会社だからこそさせてもらえた挑戦だったと思っています。最初のアイデア構想から関わり、そのインクシステムのひとつの機能部分を担当しました。全くと言っていいほど新規の部品だったため、要素開発から始めて0を1にするような開発でした。試作後の評価・検証も自分で考え、トライ&エラーを繰り返しながらの仕事でしたが、週に一度のミーティングで意見を出し合い、皆で新製品を作り上げていく過程はとても楽しく、エンジニアとして大きなステップアップにつながる体験でした。

  • プライベートの過ごし方

    基本的に土日祝の休みがしっかり取れるのでプライベートの計画がとても立てやすく、仕事を一切忘れてリフレッシュしています。休日はサッカーを観たり、音楽を楽しんだりと自由に過ごしています。仕事や考えに詰まったときは一旦忘れる、そしてひらめく!というアイデア創出手法があるそうです。休日にしっかり休めるからこそ、次の週も仕事を頑張ろうと意気込めたり、アイデアが浮かんだりするのだと考えています。

MESSAGEMESSAGE

皆さんの身近にも、当社製品から生まれた“素敵”がある皆さんの身近にも、当社製品から生まれた“素敵”がある

皆さんの身近にも、当社製品から生まれた“素敵”がある

皆さんの周りには、実はローランド ディー.ジー.のプリンターで出力された作品がたくさん存在しています。私が当社に注目するきっかけになったスマホケースやアクリルキーホルダー、屋外ポスターの他にも、皆さんが綺麗だな、素敵だなと思って手にしたものが、当社のプリンターで作られているかもしれません。そんなことを思いながら――当社に興味を持ってもらえると嬉しいですね。