当社の強み

開発技術、製造技術、そして働く環境
当社が選ばれる理由をお伝えします

創業当時からのコア技術

当社はこれまで、ペンプロッタ、カッティングマシン、3D入出力装置、大型インクジェットプリンターなどを手掛けてきました。一見するとまったく違う製品のように思えるかもしれませんが、実は共通した同じ技術があります。それが「XYZ軸」を制御する技術です。

ペンプロッタは、ペンをX軸とY軸に動かすことによって楽譜や設計のデザインを描きます。またペンの代わりにカッターを持たせることによって生まれたカッティングマシンは、簡単にシールを作成することができることから街中の看板屋さんに多く使われるようになりました。

その後、X軸とY軸に高さのZ軸を加え、さらにドリルを持たせることにより、三次元の切削加工機が誕生しました。大型インクジェットプリンターも同様に、X軸Y軸の動きにプリンターのヘッドをつけることによって誕生したものです。このように、当社では製品分野を広げながら進化を遂げてきましたが、大切にしている「コア技術」は守り続けながら、製品開発に取り組んでいます。

独特な生産方式

当社の製品のほとんどは、当社が独自に開発した生産システム「D-Shop」で組み立てられています。オペレーターは、パソコンのディスプレイに表示された3Dグラフィックマニュアルを確認しながら、部品回転ラックから自動的に供給される部品を使い製品を完成させていきます。D-Shopは、コンピュータが人間の記憶力や注意力をサポートしながら高品質と高付加価値を両立するシステムであり、受注数量に応じた生産ができることや、すべての機種の生産に対応できることから需要変動に対する柔軟性が高いことが特長です。近年では、複数機種に共通して使用される部品の自動組立機や自社製品を活用した内製化も進み、生産工程やコストといった点でさらなる効率化を実現しています。

安定した定着率

近年の当社の社員定着率は、約97%と高い数値を保っています。その理由は当社の社風にあるかもしれません。当社は、失敗を恐れずまずやってみるという「挑戦心」を大切にし、環境の変化やお客様のご要望に対応できる「柔軟性」を養い、強制や命令ではない自らの意思を尊重する「自由闊達」の考えで仕事に取り組んでいます。指示されたことだけを行うのではなく、環境の変化を敏感に察知し、自らの考えを行動に移して新たなことに挑戦できる環境があるからこそ、社員はやりがいを持って仕事に取り組めるのだと考えています。また、若手社員の意見も積極的に業務に取り入れており、若手社員のやる気を引き出し、日々目標を持って仕事に取り組んでもらっています。

社員は会社にとって財産です。その社員に活き活きと仕事をしてもらうことこそが、安定した定着率の秘訣だと思います。

一覧へ戻る