生産現場管理

ローランド ディー.ジー.のものづくりを最前線で磨き上げる仕事です。
氏名
大谷 祐加(おおたに ゆか)
専攻
電子科
入社年
平成19年

当社を知ったきっかけと、入社の決め手

就職活動の際に、高校の進路課の先生に勧めていただいたのが最初の縁。お話を聞いていると、とても良さそうな会社だな、というのが最初に抱いた印象でした。その後も、相談した周囲の方々のローランド ディー.ジー.の業績や職場環境に対しての印象がとても良かったことを覚えています。また、業績だけでなく福利厚生も整っていること、工場には女性社員も多く、働きやすい職場だと感じたことが入社の決め手でした。工場見学の際に、工場内がとてもきれいだったことも、入社の決意を前に背中を押してくれました。

内定が決まってからは新聞等に掲載されている記事も意識するようになりましたが、ローランド ディー.ジー.の知名度の高さを改めて実感しました。現在でも、初めて会った方に当社の話をすると、好印象を持たれる場面が多々あります。

現在担当している仕事や役割

現在は製造現場で現場管理を行っています。製品が予定通りに出荷できるように人員配置を行ったり、問題が発生した場合の対応や現場をより良くするための改善活動が主な役割です。製造は、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルの繰り返しによって、日々変化を起こさなければいけません。部署内や他部署の方々との関わりも多く、現場の状況も刻々と変わっていくため、仕事を進める上でスピード感を意識することを大切にしています。

仕事のやりがい

入社当初は経験不足や自分の未熟さにより、周囲の方々に迷惑をたくさん掛けてしまったこともありました。ですが、仕事で壁にぶつかったりした時には、上司や同僚が必ず親身になって話を聞いてくれたり、アドバイスや指導をしてくれました。仕事が思うようにいかないことも現在までには多くありましたが、そこで壁を乗り越えられることでやりがいを感じることができるのだと思います。
製造は、自分の行った改善や活動の結果が目に見えるため、頑張った甲斐のある仕事です。製品が完成するまでの過程に関われることも、メーカーで製造を担当する醍醐味といえますね。

未来の仲間へ

入社以来、製造に配属されておりますが、特に製造で必要なのは、前向きで常にチャレンジする気持ちだと私は思います。メカ・ハードウェア的な知識があれば、もちろん自分の強みとなりますが、専門的な知識があまりない状態でも、現地現物で上司や先輩方から学べることは多く、日々勉強です。必要な能力としては、部署内や他部署の方とのコミュニケーション能力や責任感や発想力です。他にも分析や調査等が得意な方も現物を手に能力を十分に発揮できる職場ではないかと思います。ぜひ一緒にローランド ディー.ジー.のものづくりを、もっともっと良くしていきましょう!

一覧へ戻る