Global SE Awards 2018
Roland DG Spirit

お客様に最も近い現場で日々活動するサービスエンジニア(SE)は、「高品質なサービス・サポートの提供を通じて、お客様との信頼関係を築いていきたい」というローランド ディー.ジー.の想いを体現する存在です。SEの精鋭たちが知識やスキルを競い合う技能コンテスト「Global SE Awards」は、SEの誇りやモチベーションを高めるとともに、高品質かつ均一なメンテナンスサービスを提供する「ローランド ディー.ジー.ケア」の水準をさらに高めていくことを目的としています。

2013年、2015年に続き三度目の開催となる今回は、世界各地の予選を勝ち抜いた28名の精鋭が世界大会に集い、インクジェットプリンター部門と、新設されたデンタル(歯科医療)市場向け加工機および3次元切削加工機部門の2部門でチャンピオンの座を競いました。

世界大会

浜松本社で行われた世界大会には、ファイナリストたちが集い、筆記試験と実技試験に臨みました。また、知識や技能だけでなく、日頃から自身のノウハウをどれだけ他のSEに積極的に共有しているかや、オンラインシステムでの学習履歴なども審査の対象となりました。

開催日程
2018年4月23日(月)~25日(水)
開催場所
ローランド ディー.ジー.株式会社 浜松本社
参加者
778名の認定SEの中から選抜された28名
審査部門
インクジェットプリンター部門、3D/デンタル加工機部門
筆記試験
Misson 1
筆記試験
制限時間:30分×2問、15分×5問

大会初日は、製品の修理・メンテナンスに必要なマシンやパーツ、ソフトウェアなどに関する幅広い知識を問う全7問の筆記試験を実施。出場者はそれぞれ真剣な表情で取り組んでいました。

実技試験
Misson 2
実技試験
制限時間:30分×4問(インクジェットプリンター部門)/30分×3問(3D/デンタル加工機部門)

大会2日目は、出場者にとって最もプレッシャーがかかる実技試験を実施。トラブルを起こした製品を復旧する課題に取り組みました。課題には初めて直面するトラブルが意図的に盛り込まれ、限られた時間の中で的確に原因を見極めて解決する能力が試されました。

Global SE Awards 2018 表彰式

大会最終日は、浜松八幡宮内の会場で表彰式が行われ、ハイレベルかつ僅差の争いを制した各部門のチャンピオンや上位入賞者、特別賞の受賞者が表彰されました。会場では、参加者全員がお互いの健闘を称え合い、親交を深める姿が見られました。

世界大会出場者 トロフィー インクジェットプリンター部門 第1位: Mark Johnson 3D/デンタル加工機部門 第1位: Kevin Eugene Rosen

受賞者紹介

第1位インクジェットプリンター部門 第1位: Mark Johnson
Mark Johnson
所属先:Aarque Group Ltd.
Roland DGエンジニア歴:19年
まさか自分が優勝できるとは思っていませんでした。いまだに興奮がおさまりません。すぐに妻にメールで伝えたところ、とても喜んでくれました。また、同僚にこの結果を報告できることをとても嬉しく、そして誇りに思います。私たちSEは一つのチームであり、よい仕事をしていくためには、チームワークが欠かせません。私は普段からオンラインシステムで世界中のSEと情報共有することをとても大切にしています。今回の大会を通して、それが自分の仕事の質を高めることにもつながっているのだと、改めて実感することができました。これからも積極的に情報共有しながら、お客様に高品質なサービス・サポートを提供し続けていきたいと思います。
  • Mark Johnson
  • Mark Johnson
  • Mark Johnson
第2位インクジェットプリンター部門 第2位: Matthew Wrench
Matthew Wrench
所属先:Roland DG (U.K.) Ltd.
Roland DGエンジニア歴:3年
優秀なSEと競い合う厳しいコンテストで、2位を獲得できたことにたいへん満足しています。私の家族や同僚たちもとても喜んでくれました。また、日本に来て、世界中の仲間たちと直接出会えたことは素晴らしい経験になりました。ローランド ディー.ジー.には、各国のSEが常に最新の情報を持ち寄って、お互いに助け合うことができる環境があり、私たちのスキルアップのためにとても重要な役割を担っているのだと思います。私はいつも、毎日が学びの連続だと思っています。これからも、SEの仕事を通して新しい知識や経験を身に付け、お客様によりよいサービスを提供していきたいです。
  • Matthew Wrench
  • Matthew Wrench
  • Matthew Wrench
第3位インクジェットプリンター部門 第3位: Vincent Votruba
Vincent Votruba
所属先:ALPHASET spol. s.r.o.
Roland DGエンジニア歴:3年
世界大会のファイナリストに選出されたこと自体をとても誇りに感じていましたが、まさか上位に入賞できるとは思っていませんでした。結果を知ってすぐに、所属先の上司や親しい友人、家族に報告しました。日頃の業務に一生懸命取り組んできたことが実を結んだのだと思いますし、これから仕事をするうえでの自信にもつながりました。大会では、お客様に優れた技術やサービスを提供したいという同じ情熱を共有する多くの仲間たちと競い、学び合うことで、さらに成長できたのではないかと思います。この経験は私の大きな財産になると思います。
  • Vincent Votruba
  • Vincent Votruba
  • Vincent Votruba
第1位3D/デンタル加工機部門 第1位: Kevin Eugene Rosen
Kevin Eugene Rosen
所属先:Roland DGA Corporation
Roland DGエンジニア歴:3年
このような世界規模の大会で優勝できた喜びをどのように表現したらよいか分かりません。日本で過ごした時間は私にとって一生忘れられないものになりました。アメリカから出るのが初めてだったので、長時間のフライトでとても緊張しながら日本に到着したこと、各国のSEや本社のスタッフの皆さんと出会えたこと、すべてが貴重な経験でした。友人や家族はもちろん、世界中の仲間たちのサポートがなければ、今ここにいることはなかったと思います。これからもさらに成長できるよう、日々学び続けたいです。
  • Kevin Eugene Rosen
  • Kevin Eugene Rosen
  • Kevin Eugene Rosen
第2位3D/デンタル加工機部門 第2位: Xiangwu Cai
Xiangwu Cai
所属先:Shenzhen Upcera Dental Technology Co., Ltd.
Roland DGエンジニア歴:3年
世界大会に出場することができ、よい成績を収められたことを本当に嬉しく思います。大会に出場するまで私を親身にサポートしてくれた同僚たちに、早くこの結果を報告したいです。また、日頃からローランド ディー.ジー.の皆さんが私たちSEにさまざまなトレーニングや学習の機会を提供してくれることに感謝しています。これからも世界中の仲間たちと経験やノウハウを共有しながらスキルアップを図り、お客様によりよいサービスを提供していきたいと思います。次の世界大会にも参加できるよう努力し続けたいです。
  • Xiangwu Cai
  • Xiangwu Cai
  • Xiangwu Cai
第3位3D/デンタル加工機部門 第3位: Jason Bergeron
Jason Bergeron
所属先:CAP / ZAHN Dental, A HenrySchein Company
Roland DGエンジニア歴:5年
この結果を大変誇りに思います。友人や家族、同僚たちに報告するのが待ちきれません。初めての日本での滞在はとても楽しく、たくさんの人々との出会いがありました。私は大会に出場するまでに、どのような問題が出題されても対応できるよう念入りに準備をしてきました。それがこの結果につながったのだと思います。世界中のSEと競い、学んだことは素晴らしい経験になりました。これからもサービスの仕事に真摯に取り組み、自分の仕事の質や効率をさらに高められるよう、日々新しい技術を身に付けていきたいと思っています。
  • Jason Bergeron
  • Jason Bergeron
  • Jason Bergeron

特別賞

Most contributive SE for SE Community
(全世界のSEの中から1名)
世界大会出場者を含む全世界のSEの中から、オンラインシステム上のコミュニティで最も積極的に情報やノウハウを共有し、仲間をサポートした認定SEに贈られます。
Mark Johnson
Mark Johnson
所属先:Aarque Group Ltd.
Shortest Resolution Time
(各地域から1名の計3名)
世界大会の出場者以外から、最もスピーディに修理を行った認定SEに贈られます。
Bill Stolic
Bill Stolic
所属先:Mac Papers
Robert Willems
Robert Willems
所属先:Tripa B.V.
Kitae Kang
Kitae Kang
所属先:High-Tech
Highest First Time Fixed Rate
(各地域から1名の計3名)
世界大会の出場者以外から、最も再修理の少ない認定SEに贈られます。
Dan Kohl
Dan Kohl
所属先:Southeastern Sign Supply
Paolo Antonelli
Paolo Antonelli
所属先:A.P. Service
福丸 慶一
所属先:エー・ティー・シー株式会社
Highest Customer Satisfaction
(各地域から1名の計3名)
世界大会の出場者以外から、最もメンテナンス作業に対するお客様の満足度が高い認定SEに贈られます。
Greg Hulbert
Greg Hulbert
所属先:Mac Papers
Joe Herabidian
Joe Herabidian
所属先:Roland DG (U.K.) Ltd.
Peter Holbrook
Peter Holbrook
所属先:Red Peril Services

世界大会出場者

地区大会を勝ち抜いた精鋭28名をご紹介いたします。画像をクリックして出場者のコメントをご覧ください。

  • すべて
  • ヨーロッパ・中東・アフリカ地域
  • アジア・パシフィック地域
  • アメリカ地域

地区大会

アメリカ地域、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域、アジア・パシフィック地域で行われた地区大会には、過去最多となる計778名の認定SEが参加しました。知識や技能の高さだけでなく、日常的な業務の品質および自身のノウハウをどれだけ積極的に共有しているかについても評価対象とし、各地域の代表にふさわしいSEが選出されました。大会の様子をご紹介いたします。

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(南アフリカ)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イギリス)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(スペイン)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イタリア)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イタリア)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イタリア)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(イタリア)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(デンマーク)

    ヨーロッパ・中東・アフリカ大会(デンマーク)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(韓国)

    アジア・パシフィック大会(韓国)

  • アジア・パシフィック大会(日本)

    アジア・パシフィック大会(日本)

  • アジア・パシフィック大会(日本)

    アジア・パシフィック大会(日本)

  • アジア・パシフィック大会(日本)

    アジア・パシフィック大会(日本)

  • アジア・パシフィック大会(日本)

    アジア・パシフィック大会(日本)

ローランド ディー.ジー.ケア 認定サービスエンジニア

Roland DG Care logo当社は、お客様にご満足いただける高品質なサービスを世界中で均一に提供することを目的に、高い知識・スキルを有するSEを認定しています。製品の構造を深く学ぶことはもちろん、製品の設置、修理、点検およびメンテナンスを行うためのトレーニングを受講し、最終的には、確かな知識や技術を持つことを証明する基準を満たすことで、高いスキルを持つSEとして認定されます。認定に際しては、SEの日常的な業務の品質、業務に対する姿勢などにフォーカスしたポイント制に基づく評価指標を導入しています。

オンラインシステム

ローランド ディー.ジー.グループ全体でお客様に高付加価値なサービスを提供するために、世界中のSEがオンラインで協力できる体制を整えています。SE向けのオンラインシステムは、サービス・メンテナンスに関する最新情報をはじめ、SEがそれぞれの現場で培った知識やノウハウを共有できるコミュニティや、修理・メンテナンスに不可欠な製品・ソフトウェアの知識・作業手順・ノウハウを学ぶことができる学習システムなどを備え、効果的な情報共有やスキルアップをサポートしています。

おすすめコンテンツ