お取引先とともに

環境に配慮しながら高品質な製品をお客様にお届けするためには、サプライチェーンを構成するお取引先様との協働が不可欠です。当社は、お取引先様との相互信頼、相互発展の精神に基づき、オープンで公平な取引、適正なコストと優れた品質、地球環境に配慮したグリーン調達を推進することで、持続可能なサプライチェーンの構築に取り組んでいます。

環境法規制への対応

当社は、グローバル企業として、欧州のRoHS指令、REACH規則に対応するとともに、さまざまな法規制の変更にも随時対応しています。特に厳しい化学物質規制であるREACH規則では、サプライチェーンを通じた含有化学物質情報の管理が必要であるため、サプライチェーン全体の協力体制の強化に努めています。現在、GHSへの対応を進め、法規制の適用期限が最も早い日本をはじめ、中国、韓国、欧州を含む10ヵ国以上で対応を完了し、その他の地域に関しても順次対応を進めています。今後も、お取引先様、海外の子会社・代理店との関係性をより一層深め、サプライチェーン間の協力体制を強化し、グローバルな環境法規制に対応してまいります。

※GHS (Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals;):化学品の危険性(危険有害性)に関する国際的な危険有害性分類基準と表示方法(ラベルとSDS)に関するシステム。

グリーン調達

グリーン調達ガイドラインを定め、お取引先様のご理解・ご協力のもと、調達段階より部品や材料の有害化学物質を削減する取組みを展開しています。ガイドラインに定める禁止・制限・管理物質のさらなる厳格化を図ることで、REACH規則を含めた各国の化学物質法規制にも対応しています。

お取引先様のサステナビリティの確認

お取引開始前に、「取引先採用ガイド」を用いてお取引先様の審査を行っています。その内容は、お取引先様の財務状況だけでなく、経営者の健康状態、経営者の後継者の有無や育成状況、事業拠点での地震や水害の危険性の有無までに及び、互いに持続的に協業、成長するための基盤づくりに努めています。

部品の調達先の多様化とリスクヘッジ

全国有数のものづくり産業の集積地である浜松市に拠点を構える当社は、創業以来、地元浜松のお取引様との密なコミュニケーションを大切にし、共に発展を図ってまいりました。近年では、日本全国はおろか、2011年にタイに当社初の海外製造拠点となるRoland Digital Group (Thailand) Ltd.を設立したことから、お取引先様とのネットワークはアジア地域にも広がっています。お取引先様の地理的な広がりや生産拠点の複数化は、大規模災害等の発生時の事業継続計画(BCP)の推進がその一環です。Roland Digital Group (Thailand) Ltd.では、製造機能以外に、調達機能も充実させることで現地調達率を高め、2015年には、インクジェットプリンターのインクジェットヘッド以外のパーツは、ほぼ現地で調達できるようになりました。今後も相互補完関係を充実させ、リスクヘッジに努めてまいります。

ペーパーレス化の推進

当社は、2001年より、Web-EDIシステムを導入し、部品発注のペーパーレス化を図っています。また、3次元CAD の設計データを共有することで、図面のペーパーレス化100%を達成し、鋼製部品や金属加工部品などの加工や製作にご活用いただくことで、省資源化と生産効率の向上を図っています。

お取引先様への年間表彰の実施

2014年度より、年度ごとで品質、コスト低減、技術開発などの面で優秀な業務成績をおさめられたお取引様に対し、その功績を称え、感謝の意を表するため、表彰を行っています。

CSR活動コンテンツ

サステナビリティのインデックス