浜松市の大規模接種会場(浜松市総合産業展示館)

【デザインデータ公開】浜松市のワクチン接種会場のサイン製作をサポート

2021年09月22日 企業活動, デジタルプリンティング

全国で進む新型コロナウイルスのワクチン接種。スムーズな接種には、会場での誘導や注意喚起などのサイン(案内板)が欠かせません。業務用大型インクジェットプリンターを製造・販売するローランド ディー.ジー.では、大判で視認性に優れたサインの製作をサポートし、本社のある静岡県浜松市の集団接種会場の運営に協力しました。

【21/9/24 追記】幅広くご活用いただけるよう、下記にて汎用デザインデータを公開します。

会場のサインをもっと見やすく

当社の業務用インクジェットプリンターが、お役に立てるのではないか――
集団接種を終えた当社社員から「会場内のサインのサイズが小さく、見にくい」、「蛍光灯などの反射で見づらい」、「急場で手書きのものもあるので、サイン製作にお困りなのではないだろうか」との声が寄せられました。
会場を運営する浜松市のご担当者に伺うと、家庭用のプリンターでサインを内製しているとのこと。「大判で印刷したいが実現方法が分からない」、「在住外国人向けの多言語表記を追加したい」などのお困りごとがあることが分かり、製作をサポートさせていただくことになりました。

ご要望や設置環境、納期を考慮し、当社が提案したのは「UVプリンターで作る大判サイン」。紫外線照射で特殊なインクを硬化させるUVプリンターは、印刷工程の中でインクを硬化させることができ、印刷後に乾燥させるための時間やラミネート加工の手間が不要で、納期を短縮できます。素材には反射を防ぐマットタイプのもので、掲示中の反りが少なく、かつ、各会場のスタッフが両面テープなどで手早く簡単に施工できるものを選びました。

製作にあたっては、DP(デジタルプリンティング)事業部、営業部門、管理部門などの社員の有志が集結。サイン・グラフィックの専門知識を活かし、既設サインをベースにより大判で見やすくデザインし、グローバルに展開する当社のネットワークを活用し、多言語翻訳もサポートしました。全員が一致団結したことで、13種類、約140枚のサインはまたたくまに完成しました。

  • 最新のUVプリンター「VersaUV LEC2-640」で出力

    最新のUVプリンター「VersaUV LEC2-640」で出力

  • 印刷と同時にインクが硬化。製作時間を短縮できます

    印刷と同時にインクが硬化。製作時間を短縮できます

  • 部門横断で社員の有志が集まりました

    部門横断で社員の有志が集まりました

  • 短期間でサインが完成

    短期間でサインが完成

浜松市の大規模接種会場に設置されました

浜松市の大規模接種会場(浜松市総合産業展示館)

浜松市の大規模接種会場(浜松市総合産業展示館)※許可を得て撮影しています

印刷後は、浜松市内3ヶ所の大規模接種会場に、「入口」、「受付」、「予診」、「接種」などのサインが設置され、来場者をスムーズに誘導しました。また、11ヶ所の保健福祉センターには、熱がある方などの入場を制限するサインも設置されました。
浜松市の担当者からは「仕上がりに感動しています。広い会場でも遠くから見やすくなりました」との声をいただきました。

当社はこれからも「デジタル技術の活用で、より良い社会を実現する」をミッションに、自社の技術を活かした社会貢献活動に取り組んでまいります。

接種会場サインのデザインデータを公開します

今回製作したサインのデザインデータは、接種会場のサイン製作にお困りの方に広くご活用いただけるよう、下記にて公開させていただきます。

形式:PDF形式のデザインデータをZIPに圧縮(52.4MB)
対応言語:日本語、英語、ポルトガル語、中国語(簡体字)、ベトナム語、タガログ語(フィリピン)、スペイン語

データのダウンロードはこちらから(PDF形式)