当社国内マーケティンググループの浅子将克

UVプリンターを活用したイベント「カエラシアート展」とは?(後編)

2017年09月05日 イベント・展示会, デジタルプリンティング

前編に続き、後編ではカエラシ合同会社とのコラボレーションイベント「カエラシアート展」を企画した当社国内マーケティンググループの浅子将克(上写真)が、イベントに対する想いとオリジナルプリントサービスの今後の展開についてお伝えします。

今回のカエラシアート展の狙いについて教えてください。
「カエラシアート展は若手人気クリエイターの作品を展示し、知名度を上げてもらうためのイベントという側面もありましたが、同時に当社のクリエイティブセンターが6月30日にスタートしたUVプリンターを活用したオリジナルプリントサービス*の告知も兼ねていました。9月末までオープン記念キャンペーンとして、オリジナルiPhoneケースとキャンバスに自分だけのデザインや写真を特別価格でプリントできるキャンペーンを実施しています」
* オリジナルプリントサービスの詳細はこちら
http://www.rolanddg.co.jp/lp/ogps/index.html

「カエラシアート展では、11名のクリエイターの方々の作品を展示させていただきました。イラストレーターとして活躍するいわさきゆうしさん、長尾高徳さん、okappaloverさんには会場でお客様と一緒にオリジナルグッズを製作するワークショップや、その場で実際に作品を描くライブペイントなどでイベントを盛り上げていただきました。会場ではイラストをわずか10分程度でプリントし、作家さんにサインをいただき、箱詰めをしてお客様へお渡しするといった、UVプリンターならではのサービスをご来場された皆様に体験いただくことができました」

UVプリンターで製作した作品にサインをし、お客様にお渡しするいわさきゆうしさん

UVプリンターで製作した作品にサインをし、お客様にお渡しするいわさきゆうしさん

イベントの告知・集客はどのように行いましたか?また、当日の来場者の反応はいかがでしたか。
「今回のイベントはソーシャルメディアを中心に告知・集客を行いました。イベントに参加されたクリエイターの方々は日頃からソーシャルメディアを積極的に活用されていますので、イベントの告知にご協力をお願いしました」

11名のクリエイターによるオリジナルキャンバスプリントとiPhoneケース

11名のクリエイターによるオリジナルキャンバスプリントとiPhoneケース

「今回は連休と重なり、目標の満席とはなりませんでしたが、ご来場されたお客様が憧れのクリエイターを前に心の底から喜ばれている姿を見て、私たちも嬉しくなりました。イベントを開催して本当に良かったと思います」

「驚いたことに、通りすがりの方もお立ち寄りいただき、実際にオリジナルのキャンバスプリントを購入された方もいらっしゃいました。初めて見るイラストのようでしたが、今後、こうしたイベントがきっかけで、クリエイターのファンになる可能性もあるのではと思っています」

UVプリンターの動きを興味深げにご覧になる来場者の皆様

UVプリンターの動きを興味深げにご覧になる来場者の皆様

オリジナルプリントサービスを開始した理由は何でしょうか?
「UVプリンターの普及を加速するために、当社は今年のJAPAN SHOP*で実際にプリントビジネスへの参入を検討している方々を対象に、会場ブース内にリテイル(小売業)でプリントサービスを提供する擬似店舗を設置し、使い方をご提案しました。ところが、本来の目的であった実際の店舗として導入したいという声よりも、UVプリンターをもっと気軽に利用できるような場所はないのか?といった声が多く寄せられました」
* 2017年3月7日〜10日に東京ビッグサイトで開催された店舗総合見本市。

「JAPAN SHOPのブースで収集したフィードバックをもとに、私たちはメーカーがプリントビジネスのモデルを構築、つまりもっと手軽にできるプリントビジネスを自ら提案することが必要だという結論に達しました。その最初の試みが6月末にスタートしたオンラインでのオリジナルプリントサービスです。今回のカエラシアート展も、そのサービスのプロモーションの一環であり、来場者だけでなくご参加いただいたクリエイターの方々からも高い評価をいただきました」

「将来的には個人やグループでUVプリンターをご購入いただき、プリントビジネスを展開できるような環境を整えたいと考えています。そのための施策としてメーカー自らが今回の経験を踏まえ、さらに一歩踏み込んだ魅力のあるプリントビジネスを提案していく必要があると考えています」

UVプリンターでイラストをプリントした作品

UVプリンターを活用すればいろいろな素材に高品質、かつ、短時間でイラストをプリントすることが可能

新たな取り組みとしてスタートを切ったオリジナルプリントサービス。今後はクリエイターとのコラボレーションをさらに進め、クリエイターの方々がUVプリンターを活用し、手軽に高品質な作品をつくり、販売できる環境を提供していきたい。今までUVプリンターを使ってみたい、オリジナルプリントのアイテムが欲しいと考えていたクリエイターやプリントビジネスに興味のある皆様が、UVプリンターの魅力を享受できる道をメーカーが切り拓いていかなければならない、そんな強い想いが担当者から伝わってきました。

SHARE THIS PAGE